ゲームや漫画などの感想部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第20話 暗殺者の帰還 感想

令呪を持って我が傀儡 に命ず! セイバー、土蔵に戻れ! 今すぐに!

今回切継の貴重な最初の令呪を拝めました。(最初だと思いますけど)
セイバーをライダー?に襲われた土蔵にワープでした。しかし時遅くそこには舞弥は倒されアイリは連れ去られた後でした。瀕死の舞弥はライダーが襲ったと言いセイバーに追いかけて連れ去られたアイリを助けるように懇願しそのまま追いかけることになりました。
そして後に切継も舞弥のもとに最期を看取ることになりました。(見取るより最後まで優しい言葉はなかったですけど、二人にはこれで十分だったのかもしれません)

今回またも戦死者が出てしまった回でしたけどもはや当たり前になってます。
最早常識のようになってますから

聖杯の器のアイリはもう動けないくらいに弱っていて戦力にならないので自分から最強の鞘の
全て遠き理想郷(アヴァロン)

を切継に託していました。場所まで十年後のあるルートで本来の持ち主に返したように同じでした。
この鞘がなければ未来の主人公も助からなかったですからね。
それにしても舞弥さん、やっぱりあれは死亡フラグでしたね。もうあまりにもわかりやすかったですけど
そう昔のことをアイリに話していました。
兵士として教育を受け戦わされていたと、もはやこの作品はこうなるとあっさり退場してしまいますから。

そしてアイリを攫ったと思われているライダー陣営
やはり色々と不可解なんですよね。聖杯問答のときはあんなに堂々と(今回もそれなりに堂々でしたけど)
した登場だったのに舞弥を襲いアイリを攫ったのはあまりにも変なんですよ。
ライダーの今までの行動なら襲撃は来てもアイリを攫うよりただセイバーに戦いを申し込みますから
これじゃあまるで主人公切継や師匠殺しの紀礼さんじゃないですか
マスターのウェイバーにも夜になれば魔力供給によりかなりの回復が見込めるといっていましたからその前に襲撃なんてあまりにもおかしいんですよね。
それにしても本当に素直じゃないですね。誰ってウェイバーですよ。
素直に言わないでライダーが言うまで言わないで自分に責任はあるというのですから
この二人は残ったマスターの中で相性は1,2を争いますからね。(もう一つはあの最凶コンビですけど)

そしてバーサーカー陣営は初めてバーサーカーがまともに喋っていました。
かなり歪んでいるように見えましたけど、そして雁夜はなんと鎖で繋がれていました。
臓硯(妖怪ジジイ)に繋がれ虫を口に入れられてしまいました。
この陣営って怖いよりグロイですね。ほんと

切継は時臣を暗殺しに屋敷に向かいましたけど、結界も張られていなく様子がおかしいとわかり中に進入して
色々調べて時臣が死んだことがわかったみたいでした。

20話もいろいろありいよいよ最終局面の始まりです。いったい攫ったのは誰なのか。そして目的もまだ謎のままでした。アイリを攫ったのはいったい何故なのか。聖杯の器だって知っているからなのか。
それともただセイバーのマスターだったからなのか。まあわからないままでした
そして攫ったのは後姿を見せていたライダーなのか。それとも他にいるのか。
しかしこんな手口、正直あの歪んだ紀礼さんや臓硯くらいしか思いつかないです。

次回は時臣の妻、葵も主人の死を知ったのか雁夜との再会です。
時臣の死が満足なのか問いただすのでしょうか。そしてセイバーとライダーの激突など
まだまだ盛り上げてくれそうです。

今回の令呪の命令が2回目の会話でいいのでしょうか?離れていたので正直会話でいいのかも謎ですけど
三回で終わりですから令呪も会話ならもう一回で終わってしまいますし。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。