ゲームや漫画などの感想部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第16話 栄誉の果て

切嗣さんはマジで外道
まさに今回はこの言葉で全てがわかるくらいでした。

いきなり切嗣の仲間(パーツ)の舞弥がランサーの現マスターのソラウの
手首を切り落とすといういきなりかと言うくらいでした。

令呪を切り落とされて絶望するソラウを気絶させてその右腕を銃で撃ち抜いて消滅させるという。
そしてランサーの契約者であり(まだ一応マスターですけど)zeroのネタキャラと言ってもいいほど不憫な
ケイネス先生は教会に行き令呪を貰いに行っていましたね。

しかし璃正神父はもう令呪もなく現在のマスターはソラウ一人といいなかなか貰えないでいましたけど
上手く説得をして令呪を再びゲットしてなんとケイネス先生が

    銃で狙撃する

という魔術師としてあれだけカラクリ仕掛けと批判していたのにそこまでするほどこの聖杯戦争に勝ちたいみたいですね。(まあ絶対に我らの主人公切嗣ならその場で狙撃どころか爆弾を仕掛けて他のマスターが貰いにきたところを爆破したりあるいは狙撃して暗殺するくらいのことはしそうですけど)
何はともあれ令呪を手に入れたケイネス先生は再びランサーのマスターに。
しかし恋人であるはずのソラウが誘拐されていると知りランサーに激怒します

 この人ってどれだけついていないんだろう(運が)

そしてセイバーアイリがランサー陣営拠点に現れ勝負を申し込みました。
確かにキャスターとの戦いで疲弊した今が他のサーヴァントに邪魔されないときですからね。

ランサーもその勝負に承諾して二人の戦いが始まりました。
セイバーは左手を使わないまま互角の勝負でしたけどそこにやはり主人公(だよね)が作戦を企てていました。

主人公なのに確実に勝つために人質をとる

ここまでする主人公などある意味すがすがしいです。ケイネス先生にソラウを殺されたくなければこの契約書にサインをしろと声を上げないように契約書(ギアスペーパー)に書いてありました。
これを承諾すれば確かに切嗣は自分達に手を出せない。しかし聖杯戦争から脱落すると苦悩していました。

そしてケイネス先生はソラウのためにランサーを捨て自害させました。
何これ、どっちが悪役なんだというくらいでした。

切嗣は確実に勝つために人質をとり自害させろと命令しケイネス先生は恋人を死なせないようにランサーを自戒させる。これって普通は主人公が迷い敵がする作戦でしょう。(主人公は絶対に選べないと普通は答える選択でしょうけど)

そしてランサーはその場にいる全てのものに聖杯に呪いあれと答えて消えていきました。
あまりにも不憫なランサーでした。ちょっと前までお前に会えてよかったとあんなにさわやかだったのに。
そしてその後にケイネス先生はもう安心だと思ったそのときに

   狙撃されました

確かに切嗣は殺せない。しかし他のものは別でした。
ケイネス先生はそのことに最後は殺してくれと頼むが切嗣は契約書により自分は殺せないと言いセイバーが解釈をしてあげました。
これって誰が主人公だっけ?もろ悪役がすることでしょう。

恋人が大事ならサーヴァントを自害させろと言い自害させその後に用済みなので始末する。
かなりの外道です。キャスター陣営とは違う外道です。

キャスター陣営は関係の無いものを自分達の楽しみのためなどに次々と殺したりしていき
切嗣は関係の無いものは巻き込まないようにしているもののそれ以外には容赦のかけらもありませんでした。
セイバーも、そしてアイリさえもそんな態度に不満を隠せませんが切嗣は逆にそんなセイバーの言葉に対し文句を言い英雄など人殺しの元凶と言ってもいいくらいに批判していました。
そしてとうとう二人に言葉のキャッチボールが(16話になって初めて)ありました。
そしてランサーが消えたことでアイリに更なる異変が(キャスターも消えたこともあるでしょうけど)

次は時臣か?凛の言葉もありましたので
そして切嗣と綺礼はいつ対面することになるんだろう。

ランサーって正直マスターに恵まれないですね。誰かピッタリのマスターはいないのか?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。