ゲームや漫画などの感想部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 2ndシーズン 15話

Fate/Zero 2ndシーズン 15話を感想を書きます

最初に時臣と雁夜の戦いですけどやはり魔術師と力の差は歴然で雁夜の無視の攻撃も一切受け付けないまま
炎による一撃で戦闘不能にしてしまいました。それでも雁夜は執念のように戦おうとしていましたから
よほど桜のことが憎かったんでしょうね
そして綺礼はそんな雁夜のことを治療してしまいました。殺してサーヴァントを奪うのではなく
何か他のことでも思っていたみたいですね。

ライダーは自身の最強の宝具 で王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)キャスターの大海魔を誘い込みましたけどほとんど映像に無くちょっと残念でした。マスターであるウェイバーは魔術師のアイリスは携帯の事は操作できないので自分が出ていましたね。

そしてバーサーカーとアーチャーの空中戦はあいかわらずすごかったです。

最後になんと行っても今回はタイトルの黄金の輝きのようにでしょうね。今回のメインは
約束された勝利の剣もZEROのバージョンみたいだったですけどこれもよかったです。
ライダーが自ら左手の呪いを「必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)を折り呪いを解いてあげました。
やはり騎士ですね。

そしてエクスカリバーのときアイリスは説明していましたけど

輝けるかの剣こそは過去、現在未来に通じ戦場に散っていく全ての兵達のいまわの際に抱く
悲しくも、尊き夢、その意志を誇りと掲げ、その意志を貫けと正し、今常勝の王は高らかに
手に取る真名の詠う。そう


エクスカリバー!


これが一番の見せ所でした。
そしてその一撃でキャスターが。
そしてジャンヌの回想が出てきました・キャスターも歓喜のように見えました。

ライダーもアーチャーの真名を見破っていました。セイバーは最後までわからなかったみたいなのに

次回はランサーとの決戦かな、この調子だと毎回一人ずつ退場しそうですね。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。