ゲームや漫画などの感想部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 2ndシーズン 14話

14話「未遠川血戦」作画は相変わらずすごすぎです。

三ヶ月待ってよかったです。 キャスターのマスター(雨生 龍之介)が退場してしまいました。

切嗣・・容赦なさすぎです、マジで。
当たりだったようだってこの人それらしいって思ったら決め付けて絶対射殺したり爆破させるだろうな。
まあ第1シーズンでもビルごと爆破させたり容赦なかったですけど

そしてアーチャーこと英雄王(ギルがメッシュ)とバーサーカーの空中戦はかなり驚きました。
二人ともまさかあんな方法で空中戦が出来るなんて。

ギルがメッシュは乗り物の宝具なんてほんと何でもありですね。この人は
バーサーカーも何でも自分の宝具にできるってこれも何でもありですね。

龍之介の最後も痛みとかより自分自身の死というのに直撃したことに苦しむことなくむしろ
感じて満足していましたからね。そしてキャスターもマスターの死亡で捧げようとさらにやる気出してましたね。

ZEROで相性最高なだけはありますね。むしろ他が悪すぎ
他のマスター、サーヴァントだと殆どが死んでも悲しんだりしないでただ受け入れるくらいで終わってしまいそうなくらい無関心そうだし・・

そして綺礼さん  明らかにマスターを狙ってましたね。
マスターを殺してサーヴァントと契約しようとしていましたね。絶対に

まあ殺すのはあの人なんですけどね。

とりあえず満足の14話でした。

ただOPとEDの作画がちょっと戦闘シーンなどがなかったのが残念でした。
OPはただキャラを紹介するようなだけでしたしEDは主人公とヒロインを紹介するようなだけでしたから

歌は結構良かったんですけど

OP「to the beginning」歌 - Kalafina 

ED「空は高く風は歌う」歌 - 春奈るな

他にもいっぱい見所などはありましたけどこのくらいに
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。