ゲームや漫画などの感想部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第16話 栄誉の果て

切嗣さんはマジで外道
まさに今回はこの言葉で全てがわかるくらいでした。

いきなり切嗣の仲間(パーツ)の舞弥がランサーの現マスターのソラウの
手首を切り落とすといういきなりかと言うくらいでした。

令呪を切り落とされて絶望するソラウを気絶させてその右腕を銃で撃ち抜いて消滅させるという。
そしてランサーの契約者であり(まだ一応マスターですけど)zeroのネタキャラと言ってもいいほど不憫な
ケイネス先生は教会に行き令呪を貰いに行っていましたね。

しかし璃正神父はもう令呪もなく現在のマスターはソラウ一人といいなかなか貰えないでいましたけど
上手く説得をして令呪を再びゲットしてなんとケイネス先生が

    銃で狙撃する

という魔術師としてあれだけカラクリ仕掛けと批判していたのにそこまでするほどこの聖杯戦争に勝ちたいみたいですね。(まあ絶対に我らの主人公切嗣ならその場で狙撃どころか爆弾を仕掛けて他のマスターが貰いにきたところを爆破したりあるいは狙撃して暗殺するくらいのことはしそうですけど)
何はともあれ令呪を手に入れたケイネス先生は再びランサーのマスターに。
しかし恋人であるはずのソラウが誘拐されていると知りランサーに激怒します

 この人ってどれだけついていないんだろう(運が)

そしてセイバーアイリがランサー陣営拠点に現れ勝負を申し込みました。
確かにキャスターとの戦いで疲弊した今が他のサーヴァントに邪魔されないときですからね。

ランサーもその勝負に承諾して二人の戦いが始まりました。
セイバーは左手を使わないまま互角の勝負でしたけどそこにやはり主人公(だよね)が作戦を企てていました。

主人公なのに確実に勝つために人質をとる

ここまでする主人公などある意味すがすがしいです。ケイネス先生にソラウを殺されたくなければこの契約書にサインをしろと声を上げないように契約書(ギアスペーパー)に書いてありました。
これを承諾すれば確かに切嗣は自分達に手を出せない。しかし聖杯戦争から脱落すると苦悩していました。

そしてケイネス先生はソラウのためにランサーを捨て自害させました。
何これ、どっちが悪役なんだというくらいでした。

切嗣は確実に勝つために人質をとり自害させろと命令しケイネス先生は恋人を死なせないようにランサーを自戒させる。これって普通は主人公が迷い敵がする作戦でしょう。(主人公は絶対に選べないと普通は答える選択でしょうけど)

そしてランサーはその場にいる全てのものに聖杯に呪いあれと答えて消えていきました。
あまりにも不憫なランサーでした。ちょっと前までお前に会えてよかったとあんなにさわやかだったのに。
そしてその後にケイネス先生はもう安心だと思ったそのときに

   狙撃されました

確かに切嗣は殺せない。しかし他のものは別でした。
ケイネス先生はそのことに最後は殺してくれと頼むが切嗣は契約書により自分は殺せないと言いセイバーが解釈をしてあげました。
これって誰が主人公だっけ?もろ悪役がすることでしょう。

恋人が大事ならサーヴァントを自害させろと言い自害させその後に用済みなので始末する。
かなりの外道です。キャスター陣営とは違う外道です。

キャスター陣営は関係の無いものを自分達の楽しみのためなどに次々と殺したりしていき
切嗣は関係の無いものは巻き込まないようにしているもののそれ以外には容赦のかけらもありませんでした。
セイバーも、そしてアイリさえもそんな態度に不満を隠せませんが切嗣は逆にそんなセイバーの言葉に対し文句を言い英雄など人殺しの元凶と言ってもいいくらいに批判していました。
そしてとうとう二人に言葉のキャッチボールが(16話になって初めて)ありました。
そしてランサーが消えたことでアイリに更なる異変が(キャスターも消えたこともあるでしょうけど)

次は時臣か?凛の言葉もありましたので
そして切嗣と綺礼はいつ対面することになるんだろう。

ランサーって正直マスターに恵まれないですね。誰かピッタリのマスターはいないのか?

スポンサーサイト

Fate/Zero 2ndシーズン 15話

Fate/Zero 2ndシーズン 15話を感想を書きます

最初に時臣と雁夜の戦いですけどやはり魔術師と力の差は歴然で雁夜の無視の攻撃も一切受け付けないまま
炎による一撃で戦闘不能にしてしまいました。それでも雁夜は執念のように戦おうとしていましたから
よほど桜のことが憎かったんでしょうね
そして綺礼はそんな雁夜のことを治療してしまいました。殺してサーヴァントを奪うのではなく
何か他のことでも思っていたみたいですね。

ライダーは自身の最強の宝具 で王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)キャスターの大海魔を誘い込みましたけどほとんど映像に無くちょっと残念でした。マスターであるウェイバーは魔術師のアイリスは携帯の事は操作できないので自分が出ていましたね。

そしてバーサーカーとアーチャーの空中戦はあいかわらずすごかったです。

最後になんと行っても今回はタイトルの黄金の輝きのようにでしょうね。今回のメインは
約束された勝利の剣もZEROのバージョンみたいだったですけどこれもよかったです。
ライダーが自ら左手の呪いを「必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)を折り呪いを解いてあげました。
やはり騎士ですね。

そしてエクスカリバーのときアイリスは説明していましたけど

輝けるかの剣こそは過去、現在未来に通じ戦場に散っていく全ての兵達のいまわの際に抱く
悲しくも、尊き夢、その意志を誇りと掲げ、その意志を貫けと正し、今常勝の王は高らかに
手に取る真名の詠う。そう


エクスカリバー!


これが一番の見せ所でした。
そしてその一撃でキャスターが。
そしてジャンヌの回想が出てきました・キャスターも歓喜のように見えました。

ライダーもアーチャーの真名を見破っていました。セイバーは最後までわからなかったみたいなのに

次回はランサーとの決戦かな、この調子だと毎回一人ずつ退場しそうですね。

剣の騎士というSSを

暇でしたら読んでくれるとうれしいです。http://ncode.syosetu.com/n9570bd/

週刊少年ジャンプ 19号

ワンピースが休載だったんですね。読むまで気がつかなかったです

次にNARUTOはありました。イタチがあいかわらず万能ですね。
カブトは嘘つき忍者と言っていましたけどほんとに口が上手いです。

しかしイタチもカブトについて自分以上のスパイと言っていましたけど色々な国を渡り歩いていましたからそうかもしれませんね。そしてサスケもまずはカブトを倒して(穢土転生を解いて)からイタチの言葉を聴きたいみたいですね。
それにしても気になっていたのはカブトもイタチの真実を知っていたことです。
色々渡り歩いていたといっても木の葉の火影も知らないはずなのに3代目は知っていましたけど。
そして「イザナミ」また新しい究極幻術がでましたね。
一体いくつあるんだろう。「イザナギ」の次は「イザナミ」か

トリコはまた修行ですね。まああれは修行がメインですからね。今は
トリコが食の心得を覚えることを危惧してように見えましたけど
それって野生が失ってしまうってことかな。

ブリーチは虚圏が乗っ取られていてまた潜入しましたけど
何人か知っているキャラが出てきましたね。

ニセコイは千棘が鍵を持っていましたね。
二人とも持っていてどっちなんだろう。以外に両方あってたり両方間違いかもしれないですけど

バクマンはそろそろ終わりかな。結婚するみたいだし

まだまだ言いたいことはいっぱいありますけどこのくらいで

来週のワンピースがすごく待ち遠しいです。
ルフィとローが再会しましたけど戦うんでしょうか。それとも共闘したり(それはなさそうだけど)
Mの正体も気になりますけど姿はホーキンスに似ているんですよね。黄猿と戦っていたときのアレに
でもホーキンスがジュースを吹き出したりなどしなさそうだからな
ホーキンスだったら茶ひげがいたのも簡単にわかるんだろうけどな

ネギまSSについて

魔法戦記ナギをFC2小説に置いてみました。
もし興味ありましたら読んでみてください。http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=138537

Fate/Zero 2ndシーズン 14話

14話「未遠川血戦」作画は相変わらずすごすぎです。

三ヶ月待ってよかったです。 キャスターのマスター(雨生 龍之介)が退場してしまいました。

切嗣・・容赦なさすぎです、マジで。
当たりだったようだってこの人それらしいって思ったら決め付けて絶対射殺したり爆破させるだろうな。
まあ第1シーズンでもビルごと爆破させたり容赦なかったですけど

そしてアーチャーこと英雄王(ギルがメッシュ)とバーサーカーの空中戦はかなり驚きました。
二人ともまさかあんな方法で空中戦が出来るなんて。

ギルがメッシュは乗り物の宝具なんてほんと何でもありですね。この人は
バーサーカーも何でも自分の宝具にできるってこれも何でもありですね。

龍之介の最後も痛みとかより自分自身の死というのに直撃したことに苦しむことなくむしろ
感じて満足していましたからね。そしてキャスターもマスターの死亡で捧げようとさらにやる気出してましたね。

ZEROで相性最高なだけはありますね。むしろ他が悪すぎ
他のマスター、サーヴァントだと殆どが死んでも悲しんだりしないでただ受け入れるくらいで終わってしまいそうなくらい無関心そうだし・・

そして綺礼さん  明らかにマスターを狙ってましたね。
マスターを殺してサーヴァントと契約しようとしていましたね。絶対に

まあ殺すのはあの人なんですけどね。

とりあえず満足の14話でした。

ただOPとEDの作画がちょっと戦闘シーンなどがなかったのが残念でした。
OPはただキャラを紹介するようなだけでしたしEDは主人公とヒロインを紹介するようなだけでしたから

歌は結構良かったんですけど

OP「to the beginning」歌 - Kalafina 

ED「空は高く風は歌う」歌 - 春奈るな

他にもいっぱい見所などはありましたけどこのくらいに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。